人気ブログランキング |

この業界に未来はあるか?

b0001280_17242244.jpg

写真は、先週の読売新聞からの切り抜きである。

字が小さくて読めない方のために、記事と共にザックリと紹介すると、表は国内で、1人が1週間に飲むコーヒーの杯数を2002年から4年おきに調査してまとめたもの。

これによると、コーヒーの消費量は年々増え続けている。
コーヒーが、日常的に飲む飲み物として定着しつつあるというあらわれだろう。

ただ問題なのは、そのコーヒーをどこで飲むか場所毎にみると、唯一右肩下がりなのは「喫茶店・コーヒーショップ」だけだという事実。

本文では「消費者の嗜好が多様化し、好みのコーヒー豆を買ってきて、家庭で安くおいしく飲みたいというニーズが高まっているから」とまとめてあるが、こうして現場に立ってみると、原因はそれほど単純ではないように思う。

もちろんアイディアや、やりかた次第で繁盛している店もたくさんある(いつも混んでいるからといって、大きな利益を出しているとは限らないが…)と思うが、個々のお店の経営状況は置いといて、この業界全体を見てみると、場所さえ悪くなければ、お客さんは店前の通行量の何%かは確実に入って来る、という時代ではなくなってしまったという事。

かつてのように、ちょっとあそこの茶店でお茶しようかとか、待ち合わせはあのカフェねなどというニーズは、今のライフスタイルから廃れつつあるのかもしれない。

余計な事にはお金を使わ(え)ないという節約思考の人が増え、消費が低迷し続けているこのご時世、数年後には東京オリンピックが控えているとはいえ、長い目でみてこの業界がV字回復する可能性は、限りなく少ない。

でもまあ、そんな先の事まで予測できるわけでもなく、先行きを案じてばかりいても仕様がない。

昨日より今日。
今日がだめなら明日があるさ。

目の前にある些細な出来事を大切にし、
一日一日を前向きに生きる。

この仕事は、その積み重ね。。。

とりあえず、来年も頑張ろうか!




…という事で、今年のブログの更新はこれが最後です。

一年間どうでもいい話題にお付き合いいただき、ありがとうございました。

来年また元気にお会いしましょう。


よいお年を。。。











もちろん年末年始も休まず店開けてます。良かったらお茶しに来て下さい。
Cafe′ LanderBlue
by Cafe-LanderBlue | 2015-12-27 17:24 |  ダイアリー